子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日岐阜テレビに出演予定17:15~18:10
息子が出演します。
2008年度岐阜県小学生名人ということで取材を受けます。
私もチラッと映るかも(笑)

2009/01/28 17:15~18:10 の放送内容 ぎふチャン

ぎふチャンワイド・タワー43
▽十六銀が岐阜銀支援で会見
中継・王手!将棋にかける夢
▽美濃加茂


スポンサーサイト
鈴木大介八段に父も挑戦(笑)

生まれて初めてプロ棋士の先生に教えていただきました。
2枚落ちでどのくらいやれるか試してみたかったという願いが叶い
とても嬉しいです。

銀多伝の定石を香揮ともう何百回も並べたので
多少はやれる自信がありましたが、まさか勝てるとは夢にも思いませんでした。
かなり緩めていただいているとは思いますがとても嬉しいです。

とても優しく丁寧に教えていただきました。
振り飛車党ということもあり
親子で鈴木先生の大ファンになりました。

■ 続きを読む。 ■
フォーム改造中
最近このブログにご指導、コメントをしてくださる方と昨日偶然岐阜将棋クラブ前でお会いし、そのまま指導していただくことになりました。いつも息子やこども達に優しく教えてくださる高段の方で、久し振りに教えていただけることになりました。

香揮のフォームを見ていただいた後、課題と今後の取組み方をお伺いしました。

これまでは主に大山15世名人の棋譜を中心に、三間飛車、四間飛車のプロの勝ち局やネットで憧れているアマトップクラスの方の棋譜などを並べていましたが、今後は居飛車の棋譜を並べる必要があるだろうと教えていただきました。
相振り飛車も結局のところ相矢倉の居飛車の考えが大事になるとのことで、これには私も大賛成で 早速昨日から初めています。

今日はアマ名人戦の県大会でしたが出場を見送りました。不参加の理由は色々とあるのですが、一番の理由はどのクラスに出場したらよいか本人が悩んでいたことです。負けることに不安を覚えているようでは背伸びして上のクラスにチャレンジしても結果や成果は知れていると判断しました。
ましてやフォーム改造中の身で出場しても・・・という考えです。

来月8月の研修会も休会することにし、夏休みの間に一生懸命頑張ってどれだけ力を溜められるか試してみるつもりです。 一番近い目標はJTでも他の大会でもなく、9月の研修会の例会です。 巻き返しに期待したいと思っています。


ボロボロの踏み台になる
将棋教室の仲間の菜々子ちゃんと響クンのチームが
文部科学大臣杯で代表の座を獲得されました。
これは隣の県とはいえ日頃切磋琢磨している仲間のことですから
非常にうれしいニュースでした。

私は日頃から機会があれば子どもさんと本気で対局するよう心がけています。
香揮クンのお父さんに勝ったよ!というのは子ども心に嬉しくないハズがないと思うのと、どの位力を付けているかを肌で感じたいという思いがあるからです。

以前は、平光クン、林(正)クン、北川クンに自信を付け、少し前では高木(達)クン、健太クン。 そして最近では林(達)クンと響クンです。 全力で指してその読みを上回る指し手で負けると清々しい気分で踏み台になった達成感のようなものがあります。

息子の香揮は私に勝つといつも上機嫌です。
たまに圧倒的大差で私に負けることもあるので、未だにナメて掛かりません。

何が飛び出してくるかわからない百戦錬磨の術中に、恐る恐るで指し手が伸びない子(勝負どころで受けに回る)では私に勝つのは難しく、逆に自分の終盤力を信じて五分か少し位悪くても攻め倒しに来る子どもさんにはかなりの確率でヤラれます。

響クンには今までに無いほど終盤の勝負どころで(二度続けて)読み切られて負けています。
私も自分自身で少しずつ力を付けている実感があるので、最近の負け将棋は、自信を持って相手が強かったと言えます。 文部科学大臣杯代表になった菜々子ちゃんと響クンのチームには是非頑張っていただきたいと思っています。

ちなみに香揮は終盤が絶好調のようです。
必敗の将棋を無理矢理ひっくり返しました。


更に、今日は5手詰めハンドブック 200問 19分00秒(記録大幅更新)でした。
この調子で毎日頑張ってくれるといいです。



近将道場で出会った究極の戦法

『殿!ご乱心!』 『お城にお戻り下され!』など
局面とピッタリしたユーモア溢れるコメント(チャット)で
対局中ながら(息子の香揮と)腹を抱えて笑ってしまいました。

この戦法、意外に咎めるのが難しく、途中結構悩みました。

流石に現代の升田幸三こと佐藤2冠も採用しないと思いますが(笑)
序盤の定石をあえて大きく外して攻めさせ、相手の力を使って投げる
柔道のような将棋もアリだなぁ・・・と考えさせられました。

こんな戦法と馬鹿にして鼻唄気分で攻めていたらきっとやられていたと思います。

殿お城へお戻り下され!戦法。 忘れられない対局になること間違いなしです(笑)



近将道場で特訓


このところ私も近将で時々指していることは記事にしましたが
昨夜はM先生にお声を掛けていただき、一局教えてもらうことに。

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩に ▲7八飛で
『お父さんも三間飛車ですか?^ ^』と。

私は居飛車、振り飛車何でも指すのですがやはりここ一番は
香揮の将棋をよく見ているせいか振り飛車にすることが多い気がします。
何でも指しますが相居飛車が一番経験が少ないです。

角交換になり、捌いて馬をつくって良いと思っていましたが
馬と持ち角の差はそれほどでもないようで
それよりも序盤での歩損の方が痛かったと感想戦で教えてもらいました。

53手目▲4七歩とするようでは…
56手目△8八飛で勝負アリ。
終盤は受け手なしと攻めましたが届かず投了。

現在近将R点は1000(6級)を行ったり来たりしていますが
今年中に1500(1級)が目標です。
頑張ります!

近将道場で四段に勝利!!!!


最近私も近将道場でよく将棋を指しています。
昨日は6局(3勝-3敗)
仕事というか作業の合間で気分転換にやっています。

今日も午前中で閑散としている中入場し
ダメ元で四段の方に申し込んでみたところ受けてくれました。
不慣れな相振り飛車でしたが先日息子と研究したのと近い局面になり
これは!と思っていたのですが、相手の方が受け間違いなんと勝利!
ギャラリーの方も6~7名位居て、終盤詰みの場面ではマウスを持つ手が震えました。

こんなにレーティングが高い方に勝ったのは初めてのことですので
記念に棋譜を載せておこうと思います。
ガンバレ健太!
更新が滞ってます…。
新しい仕事を始めたのですが、これがとても忙しく、日々ゆっくりウェブサーフィンする時間も無く、大変楽しみにしていた息子と将棋を指す時間さえも減ってしまいました。

この間、文部科学大臣杯の県予選と、読売杯将棋大会、倉敷王将戦高学年の部の県予選がありました。

・文部科学大臣杯は3勝-2敗(チームは4勝-1敗)で惜しくも2位。
・読売杯は三段戦に出場で 2勝-2敗
・倉敷王将戦は5勝-0敗同士の決勝戦で破れこれまた2位。

去年は文科杯も倉敷も出場できたのですが、今年は両方とも準優勝で涙を飲みましたが、力を出し切ってのものですから本人も納得しています。

読売杯は去年は初二段戦に出場して0勝-4敗でしたから、今年はその上のクラスで2勝-2敗はよく頑張ったと思っています。 読売杯で出会った方に『来年は竜王戦だね』と言われ嬉しかったのを覚えています。

息子が通う学校の2学年年下の現在2年生の健太クンのお父さんが更新する『ガンバレ健太!』をリンクしました。 今年の小学生名人戦県代表と息子も目指している研修会に先に入会したツワモノです。 私、香揮父は健太クンが初めて教室に来た時に偶然居合わせたのですが、その指し手を見て、絶対に強くなる!と健太クンのお母さんに力説した経緯があります。(笑)

ガンバレ健太!ガンバレ香揮!



* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。