子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 6四銀、7五歩 急戦2局




お互いにライバルと認める同級生の宮崎 翔くん(と、弟の遼くん)が家に遊びに来てくれました。 遊びに来たと言いましても、ニンテンドーナントカ...やプレステナントカ...の類のテレビゲームは家にはありません。

ライバルが揃えば、電源の要らない最高に面白いゲームで盛り上がります。以前からこの二人の棋譜を残したいと思っていましたのでこの日2局対局した中で香揮の勝ちになった将棋(結果は1勝-1敗)と、夕方からの教室の将棋大会で、これまた以前から棋譜をとって残したいと考えていました上級生、北川涼太くんとの対戦を防備録を兼ねてUPします。
どちらも居飛車6四銀、7五歩型の急戦です。ちょっとしたカタチの違いが勝敗に影響することが、じっくりと並べてみてなんとなく分かってきたような気がします。
スポンサーサイト
ライバルとの熱き戦い


高山の将棋大会での一局です。 この勝敗はどちらも優勝争いには関係ありませんでしたが、相手は先日の倉敷王将戦の県予選からの良きライバルです。 香揮もそうですが、相手の竜成くんもかなり力が入っているようにも見えました。
また、この大会では倉敷王将戦の京都代表の本川卓佐くんとも対戦しました。 本川くん、倉敷では3勝2敗だったようです。 低学年の全国レベルの子たちを相手に連勝できたのはとても嬉しく、香揮もかなりやる気になっています。
全国小学生 倉敷王将戦


1回戦 枝 希峰
(2-3)
静岡 VS 4五歩急戦 少し緊張していた様子だったが、相手も同じだ頑張れと言い聞かせる。 序盤から時間をじっくりと使い、駒得と玉の固さを活かし終盤寄せきった。
2回戦 日高啓道
(4-1)
千葉 VS 3五歩急戦 名前で検索するとかなりの戦歴の強豪。彼の一敗は準優勝の増田くん戦。彼の悔し涙が印象的であった。 将棋は、中盤ジリ貧負けを避け、角切り(角銀交換)で勝負するも負け。
3回戦 塚本健太
(4-1)
島根 VS 相振り飛車 1敗して気が抜けたのか、それとも全国大会の重圧か普段の将棋ではない。7六飛と浮く形を重視し過ぎで、5五角から馬を作られ、居玉での戦いになった。完敗。
4回戦 久保川竣介
(2-3)
群馬 VS 居飛車穴熊 昼食後開き直った表情を見せた。中盤まで互角のじっくりとした駒組み。穴熊玉はやはり遠かったが、終盤の寄せ合いで1手差を読みきり。感動した。
5回戦 谷 幹雄
(3-2)
広島 VS 4六銀、3五歩急戦 強豪。今年のJT杯中国大会覇者。 駒得プラス飛車を成れる代償に、5七にと金を作られる局面があった。やはりと金の攻めが早く惜敗。

倉敷王将戦、結果は2勝-3敗と負け越してしまいましたが、これで次頑張る目標がより明確になりました。 全国の強豪棋士に負けないように親子共々頑張ります。



* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。