子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近将道場親子対決


最近は私が仕事で忙しくしていまして、親子で将棋を指す機会が以前と比べて1/10以下まで減ってしまっています。 この現状を何とかしようと近将道場に私も登録しました。 これなら私が事務所で暇を見つければ1局くらいは指すことができます。

ちなみに香揮は初段で登録し、現在1級。 私は悩んだ末に7級で登録しましたが7級でもかなり厳しい感じです(汗

ネット初対決の感想はと言いますと、これかなり良いんじゃないでしょうか。 ・勝手に棋譜取ってくれるのがいいです。(今まではうちの奥さんに頼んでいましたので) 

将棋は中~終盤入り口までは私の方がいいと思っていましたが、終盤力の無さで私の力負け。 (私が)負けて嬉しい訳ではありませんが、初対局の感想と棋譜を防備録を兼ねてアップします。

スポンサーサイト
第7回秋季将棋大会
ここのところ大阪の教室対抗戦やJT杯、いつも通う教室での決勝戦など大きな対局が続きました。 香揮はここさえ勝てば...という大事な場面で、小さいミスをしてしまい、そのミスを挽回しようと大技を掛けにいき逆に技が掛かってしまい内容的には大きく負けていないが、勝負では負けてしまうという状態が続いていました。 準優勝、3位、4位、ベスト16などいつもあと一歩届かず男になっているのを見るのも辛いです。

頭では分かってはいるものの、身体で分からないと抜け出せないスランプのようなものがあるのでは?と思いました。 そこで第7回秋季将棋大会では7~3級のC級に出場し、勝負勘のようなものを取り戻して欲しいと考えました。

私、香揮の父も同クラスに出場し、少しでも息子の援護射撃ができれば…と。 決勝戦を親子で戦うという目標を掲げ、イザ!

ところが・・・なんと!私が優勝してしまいました。

初戦は終盤で相手が間違え辛勝。

2戦目は同じ教室に通う高木くんのお父さん。勝負は私が勝ちましたが、息子の援護射撃と軽い気持ちで参加している私は負けている部分があります。 高木さんは今回初めての大会出場ということで、じっくり時間を使って考え、同じく歩と取る一手に見えても、最低10秒は考えて指す。そして局面が悪くても最後まで諦めず、同じ負けるにしても時間を使いきる位で指すという姿勢を身を持って子供に見せたかったと後で聞きました。

私はこういう姿勢が子供を伸ばすのだろうなと思いました。
高木さんとは息子たち同様ライバルとして互いに切磋琢磨していけるといいなと思います。

3戦目、同じ教室に通う強豪高木達也くんにまぐれで勝ち、4戦目最近頭角を現し始めた同じ教室の女の子、脇田ななこちゃんに一方的に負ける訳にはいかないと、中盤勝負手を放ち、そこから偽終盤力でなんとか辛勝。 5戦目の決勝戦はおそらく相手が不慣れである相振り飛車になったのが勝因。

肝心の香揮はというと2戦目で優勝候補のライバル高木達也くんに負け、3戦目では最近伸びている2年生の脇田響くんにアッという間に寄せられ3勝-2敗の成績でした。

まぐれで私が優勝して喜んでばかりもいられません。
もっと上を目指して頑張ります!

JTこども将棋東海大会
今年のJT杯は3回戦敗退ベスト32どまりでした。

予選は比較的スムーズに3連勝で勝ち上がり、決勝トーナメントの2回戦(1回戦はシード)の相手は同じこども教室に通う5級の小川くんでした。

同じ教室で手の内を完全に把握されている相手ですので多少のやりにくさはあったようですが、何とか勝利できたようです。 が、次の3回戦の相手にはいいところなく負けてしまいました。得意18番の相振り飛車の出だしになりましたが、後手の3間飛車(早石田)に対して、先手の息子は相三間飛車ではなく、向い飛車を採用し、あまりやったことがなく慣れない戦法のせいか、読み抜けがあったということでした。

今、帰ってきたばかりですが、早速その負けた将棋の棋譜をとり次に活かせるようにと努力しています。 私は息子のここが一番好きなところでもあります。これがどの程度活かせるかは未知数ですが、少なくとも負けてすぐにニ○テ○ドーナントカで遊んでいる子よりは成長してくれるのではないかと思っています。

並み居る強豪が対局時計の切れ負けに泣かされ、また、組み合わせにも泣かされていました。 くじ引きなので組み合わせには文句は全くありませんが、切れ負けはちょっとカワイソウだと思ったのが正直な感想です。

同じ学校の仲間で低学年で活躍を期待された宮嶋健太クンがトーナメント戦で悔し涙を呑んだり、先日の教室対抗戦で共に戦った高木達也クンが予選1局目で関西の強豪と当ってしまい初戦で敗退してしまうなど勝負の厳しさを強く感じました。

そんな中でも同じ教室の三輪宏樹クンが低学年の部で決勝まで駒を進めたのは素晴らしいことです。宏樹クンには明日の決勝で力が出し切れるよう頑張って欲しいと願っています。




* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。