子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しく指す将棋
ここのところ香揮は将棋を苦しみながらやっていたようで、先日、もう将棋をやめたい…と涙を流しながら私に訴えるという出来事がありました。 理由はいろいろとあると思います。幾つかの具体的な理由も本人から聞きました。

理由の1つには、私の仕事が大変忙しく香揮一人で将棋に取り組む時間が多くなっていたのです。 一緒に棋譜並べや対局する時間がほとんどとれなくなり、二人で今まで一番大切にしていた『敗戦の検討』すら思うように出来なくなっていました。 

これまで負けることで強くなってきたという自覚があるので、ネットでも何でもたくさん負けたらいい。と言い聞かせ、私が相手できない分も実名登録の近代将棋道場で自分より強い相手とたくさん指すことを二人で決めました。 初段で登録しましたが、当然ながら思うように勝てず、レーティングの数字が目に見えて減っていく様子に嫌気が差したか、一人で苦しみもがいていたようです。

先生や教室のご父兄の方に声を掛けていただき、アドバイスなどいただきました。 もう一度初心に立ち戻り、将棋を楽しく取り組むということを最大のテーマとしてまた親子で頑張っていきます。

その第1弾として、関西将棋会館で行われた将棋の日記念クリスマスこども将棋大会の小学3・4年生の部に出場しました。 結果は、予選4連勝で通過。決勝トーナメントはこのクラスで優勝した大原クンと2回戦で当たり惜しくも敗れて結果ベスト8でした。 今回は二人とも結果を期待せずに取り組みました。 多少は悔しそうでしたが、すぐに気持ちを切り替え二階の道場で腕試しをすることにしました。

香揮は辛いと評判のこども文化将棋教室と同じ3級で登録しました。 見ると昨年JT杯で負かされた谷翼クンが丁度3級でやっていましたのでピッタリだと思いました。

○(4級)○(3級)○(5級)●(6級)○(5級)○(初段)○(2級)○(1級)○(初段)○(二段)の9勝1敗(6連勝)で2級昇級というオマケ付で出来過ぎでした。

2局目はその谷クン戦。7局目は今日の大会の決勝トーナメントで負かされた大原クン戦です。リベンジできて嬉しそうでした。 大人の方の初段、二段相手にも怯むことなく、大きく見えました。今日は来て良かったと心からそう思いました。

余談ですが私もチャレンジしました。棋力認定のためほぼオール平手で
○(5級)○(5級)○(4級)○(1級)○(二段)●(三段)●(初段)○(1級)○(初段)●(二段)の7勝3敗で、初段と認定されました。 これも出来過ぎです。

冬休み中にまた二人で道場に一日中どっぷり浸かりにこようと約束しました。
他にもまたもっと楽しく指してくれる秘策を思案中です。頑張ります!

スポンサーサイト



* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。