子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/28 研修会10
F2● F2○ F2○
の2勝1敗でした。

これまでの1勝7敗の成績から1局目から負けるとB(降級点)が付く厳しい対局。
難しい中盤を駒得で優位に立ち、終盤、冷静に指せばあと3手で詰みという筋が見えたそうです。
99%勝ったと思ったのでしょう。ところが相手が捨て身の1手を指してきました。
その手に対し、時間を全くかけず手拍子で不用意に指した手がそのまま敗着に。
これでB(降級点)をもらってしまいました。

これには随分落ち込んでいた様子でしたが、どうしたら失敗しやすく、自分の欠点はどこか?を冷静に分析して乗り越えていってもらいたいです。

Bを消すには3勝3敗以上の成績が必要とのこと。
この厳しい状況をなんとか楽しんで乗り越えてくれたらいいなと思っています。


通算成績15勝28敗
スポンサーサイト
9/14 研修会9
E2● F2● F2○ プロ●
の1勝3敗でした。

前回4連敗から8月の1ヶ月間休んで臨んだのですが厳しい結果でした。

1局目は研修会でもう3度も対戦して一度も勝ったことがない中学生。相振り(香落ち・相三間飛車)で序盤から居玉で大駒飛び交う最も激しい将棋になりかなり追い詰めたものの届かず● 相手の子はこの後も勝ちE1へ昇級した様子でした。

2局目もこれまた研修会で3度目の対戦となった中学生。相手の昇級の一番でした。相振り(VS向かい飛車)から一方的に攻めましたが、思わぬ受けの巧手に気付けず、攻めが切れて●。 相手の子はこれでF1クラスへ。

3局目、負けるとB(降級点2勝8敗)が付くと先生に言われていた様子です。
これまた相振り(VS中飛車)でしたが、無理攻めを咎めつつ駒得を重ね、最後まできっちり読みきって勝ち○

4局目プロの指導で4枚落ち。 35分を使いきり、1手60秒の指し手が延々続いたが最後は力尽き●感想戦で序・中盤はさておき、終盤大優勢(勝ち)になる数手を見落としたと教えていただく。

朝から夕方までずっと香揮の将棋を見ていましたが、思うように力が出せない様子ではなく、多少悪くても粘って、最後まで諦めず時間と力を出し切っての勝ち負けなので今は辛抱強く遠くから見守って行きたいと思います。


対局した全ての棋譜が取れるようになってきたのも
少し光が見えてきたような気がしています。


通算成績13勝27敗
鈴木大介八段に父も挑戦(笑)

生まれて初めてプロ棋士の先生に教えていただきました。
2枚落ちでどのくらいやれるか試してみたかったという願いが叶い
とても嬉しいです。

銀多伝の定石を香揮ともう何百回も並べたので
多少はやれる自信がありましたが、まさか勝てるとは夢にも思いませんでした。
かなり緩めていただいているとは思いますがとても嬉しいです。

とても優しく丁寧に教えていただきました。
振り飛車党ということもあり
親子で鈴木先生の大ファンになりました。

■ 続きを読む。 ■
鈴木大介八段と二枚落ち棋譜

大垣で鈴木大介八段の指導対局に参加してきました。
息子のこれまでの対プロの先生との成績は

阿部 隆八段● 4枚落ち
浦野真彦七段● 2枚落ち
島本 亮四段○ 2枚落ち
日浦市郎七段○ 2枚落ち
小林裕二六段○ 2枚落ち

今回は手合いをどうするか少し悩みましたがA級八段の鈴木先生に
勝てたら二枚落ちは卒業しよう!と目標を掲げ臨みました。

鈴木大介八段○ 2枚落ち

感想戦で図の3四歩と角切り⇒飛車出が良かったと誉めていただきました。
感想戦では鈴木八段に良い手がたくさんあったと誉めていただきました。
更に、『もうどうやっても2枚落ちは勝てるね!』
と誉めていただき自信になったようです。

憧れの鈴木八段と将棋が指せてとても嬉しい様子でした。
明日から駒落ちは飛車落ち、角落ちの勉強に励みます。

■ 続きを読む。 ■



* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。