子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長浜ズワイガニ争奪 将棋大会
小学生の部で優勝しました。

高山の大会と日程が重なり本人もどちらに出場するか悩んでいましたが
優勝~3位の副賞が『カニ』ということで仲良しの正旭君と出かけていきました。
正旭君もC級で3位入賞し、大きなズワイガニを2はいずつ
合計4はいも頂いてきました。

みんなでとても美味しくいただきました。
ご馳走様でした!
スポンサーサイト
小学生名人戦 岐阜県大会
とてもよく頑張りましたが準決勝敗退、3位決定戦も敗退で4位でした。

優勝   三輪宏樹君
準優勝  三輪優斗君
3位   宮嶋健太君

優勝の宏樹君本当におめでとう!
皆の分も岐阜県代表として頑張ってきてください!


香揮は課題を見つけたようで、また出直して次頑張るとのことです。
負けても負けても努力をするところがウチの息子のいいところです。
(ウチに帰るまでもなく早速将棋クラブに出かけていきました)

今年もいろんな場面、対局を見ていて
胸を打たれたシーンがたくさんありました。

同級生、チームメイト、ライバルとして切磋琢磨してきた達也君との相穴熊戦は
最後は両者秒読み、棋譜も取れないほど難解な長手数の戦いでした。
終ってやっと呼吸をするかのような表情の二人を見ていて胸が詰まりました。

ほかでも印象に残ったのは高山から参加の洸太君と
香揮と同じ教室、同級生(新6年生)でもある拓実君の最終盤。

予選を1勝1敗同士で勝った方が決勝トーナメント入りの大一番。
序盤拓実君の矢倉模様に、洸太君の飛車先不突きの右四間でどちらが優勢か
全く分からない将棋でした。
玉の安定度は洸太君に分があるようにも見えましたが
洸太君が詰めろをかけたところを拓実君が長手順の即詰みに討ち取りました。

潔く投了した洸太君、駒をきちんと揃えて並べ、一例をした瞬間に大粒の涙が零れ落ちました。
近くでみていたお父さんのところへ寄って大泣き。
涙目のお父さんが『良くやった』と撫でてやっている姿を見て私も思わず涙がこぼれました。

勝った拓実君は詰め将棋がとても得意です。
最後の最後まで諦めないでどんなに長い詰みでもいつも読んでいます。
コツコツ努力する姿は教室のみんなの良いお手本になっています。

洸太君は現在小学2年生(新3年生)で昨年は確か中日新聞杯に出場していたと思います。
今年は名人戦出場の大一番でとても悔しい思いをしたことを糧にして
次の目標に向かって頑張ってほしいと思いました。



3/15 研修会20
F1○ F1● F2○ F1○

の3勝1敗でした。


最近は将棋に対して前向きで、楽しそうなのが見ていてわかります。

それに比例して近頃は息子に対して全く勝てなくなってしまいました。
ここ一月くらいはおおよそ3勝-50敗くらいの成績です。

どのくらい勝てないかと言いますとボナンザに勝てないくらい勝てません(笑)
私も結構詰め将棋解いたり、棋譜並べたり、定石の勉強したりしていますが
終盤力の差というのはいかんともしがたいです。



通算成績36勝48敗

3/8 研修会19
中田七段● F2● E2○ F2○

の2勝2敗でした。


4枚落ちが毎回いいところまでいくらしいのですがどうしても勝てないようです。
工夫していろいろと試している様子ですがプロの先生には及びません。

同じ教室の上級のお兄さんたちに4枚落ちのことをきいてみたところ
4枚はやはり勝てなかったそうです。
2枚だと途端に勝率が上がるとも聞きました。

これは私の勝手な考えですが、端歩を絡めて攻撃して、と金を作らせる間に
プロはそれ以上に有効な手を指すのでは?と睨んでいます。
と金が働きだすまでの間、飛角を押さえてつかまりにくい中段玉プラス
間違えやすいように複雑な手で応手するのだと思うのです。

言うのは簡単ですが実際にこれを踏まえて勝てるかといえば
かなり難しいのでしょう。


通算成績33勝47敗
第38回全国支部将棋対抗戦 岐阜県大会
団体戦Aクラスで優勝しました。

30分切れ負けの対局で
いろいろなドラマがあったようです。
(見に行けなかったのが残念です!)

僅差での優勝だったようでとても喜んでいます。


県の代表として悔いのないように戦ってきます!




* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。