子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文部科学大臣杯 団体戦 県予選
一昨年、昨年と準優勝で終っていたので、
強豪チームになんとか一矢報いたいと本人なりに思うところがあったようでした。
私も妻も仕事で忙しく、残念ながら大会を見にいけませんでしたが
きくところによると、一昨年、昨年の優勝チームと決勝戦をし
僅差で優勝したとのことでした。

今年は昨年まで一緒に戦ったチームの一人が、野球で忙しくどうしても出場が
難しいということで、急遽下の娘を説得して、出場したのでした。

娘の柊香は、将棋はできるのですが、大会はおろか、対局でさえ、頑なに嫌がり
『私はぜーっつたいに将棋はやらないから!』というのが口癖な子でした。
そのくせ、棋譜並べでの一一、九九の将棋盤は完璧、
詰め将棋は簡単な3~5手はスラスラ解けるといった具合で
家族みんなで柊香が将棋をやればいいのにと、思っていたのでした。

今回出場するにあたり、優勝したらみんなでホテルに泊まって豪華な食事ができるぞと
空気をいれ、ニンテンドーDSライトを買う約束と、将棋大会に出るのは今回限りという
約束で出場してくれたのでした。 

県代表として少しは責任を感じている様子で、西日本大会までに毎日詰め将棋と
棋譜並べをやる気になっている様子です。
西日本大会では県の代表として全力で戦ってくることを誓います。
どうか応援してください。


スポンサーサイト
5/17 研修会24
F1○ E2○ 中田七段● E2●

の2勝2敗でした。

3局目、中田先生との対局が研修会入会してから丁度100局目でした。
手合いは4枚落ちから2枚落ちになりましたが
相変わらず勝てません。

負けた棋譜を並べてみて気付きましたが
攻めと受け、どちらかを選択していく岐路に立った時に
相手が受けの妙手を用意しているのに気付かず
気持ちの良い攻めがあるように見えても
実は少しづつ不利な方を選んでいるような気がしました。

このあたりは負けて体で覚えていくしか無さそうです。


通算成績44勝57敗

5/7 研修会23
E1● E2● E1● E1● F2○

の1勝4敗でした。

Eクラスの壁は思ったより高そうです。

落ち込んだ様子は全くなく、楽しそうに目をキラキラ輝かせて
研修会の出来事を話してくれるので精神的な心配はなさそうですが
負けた将棋の棋譜を家で並べていた時に話を聞いたところ
負けた原因がはっきりしている将棋が多いから次は勝てそうだと言っていました。

近頃私はあまり将棋に関して口を挟まなくなってはいますが
・力を溜める手が指せず、ムリ攻めが祟り攻めが切れてしまった将棋。
・読みの力が不足しているためか大ワザを掛けに行っている点。
などを棋譜から察し、更にいろいろと話しを聞いてみると
負けた将棋で序盤~中盤までに相手につられて超早指しの将棋があったことがわかりました。

自分より弱い相手ならそれでも勝てたかもしれないが、自分より強い相手や、上を目指すなら
小手先の将棋ではなく、深い読みが入った将棋を目指すことを二人で確認しました。

最近、私の仕事の環境が大きく変わり、なかなかクラブや教室へ連れて行けないことから
実践不足を解消するためにYahoo!のネット将棋をやっていることが多く
『2分切れ負けで赤(R2100以上)の人に勝ったよ』などと言ってるのを
耳にしていたことがあり、研修会での将棋に悪い影響を与えなければいいが…と
思っていたのでした。

棋譜並べよりも最近は、棋書並べ(相振り、対穴熊など)
をやっていることが多く、これも大丈夫か?と心配していました。
今日は日頃の心配の種を本人にぶつけて、方向を確認しました。
序盤を猛勉強して一時はそれで勝てても、本当の実力(中終盤力)を付けた方が
いいんじゃないかといったことを話しました。

本当はどれをやっても回りまわって本人の身になってくれればいいのですが
それがなかなか見えてこないので日々試行錯誤しています。


通算成績42勝55敗




* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。