子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田流VSミレニアム
VS居飛車で、急戦は少しは経験がはありますが、持久戦(左美濃、穴熊、ミレニアムなど)となると、ほとんど経験が無いようです。 飛車側の銀の使い方と、囲いに気を使わなければなかなか勝てないようで苦労しているようです。 序中盤は作戦負けっぽいですが、なんとか逃げ切った棋譜をUPしてみます。

どんな戦型でも、なんとか序中盤で五分五分でいけるようもっと棋譜並べや定石並べを頑張りたいと思いました。

■ この記事に対するコメント

指されてみるとわかると思いますが石田流と57銀はあまりバランスがよくないです。ひたすら固められると手が無くなるのでこの形では67銀型の方が勝ると思います。63手目では捌けたように見えますがここで15歩ならかなり嫌味でした。端の突き合いがある形ではこの手は急所なので気を付けるべき筋です。
仰るとおりこの将棋は全体的に苦しかったですね。
【2006/09/14 10:32】 URL | さくらい #A1vz8dvw [ + 編集 +]


>さくらいさま

ご指導いつもありがとうございます。 

石田流と57銀型につきまして、さくらいさまがおっしゃるとおり、息子も何処かやりにくさを感じていましたようです。 石田流では67銀型で盤左側から捌いていけるよう息子と練習してみます。

そしてご指摘のように一段竜がいるタイミングで15歩と端から来られると桂馬が跳ねて端が弱い上、挟み撃ち攻撃でかなり怖かったと申しておりました。

私(父)はこのように息子が一局を振り返って自分で納得がいくまで反省してくれる現状に、大変嬉しく思っております。 これもピンポイントで教えてくださるさくらいさまのおかげです。 息子も棋譜をUPし、さくらいさまからコメントをいただく度に大喜びです。v-411
【2006/09/15 10:00】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]


お役に立ててなによりです。
持久戦は駒の組み方が難しいので最初は大変かもしれません。慣れてくれば自分の方ができてくると思います。
【2006/09/15 23:44】 URL | さくらい #A1vz8dvw [ + 編集 +]


さくらいさま

最近、24などの対局以外でも相手が居飛車の持久戦模様でくることが多くなってきたようで、いろいろと試行錯誤しているみたいです。

VS持久戦の棋譜も結構集まってきましたので、気が向かれましたら是非また教えてください。

何卒よろしくお願いいたします。
【2006/09/20 09:55】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tanakahiroyuki.blog22.fc2.com/tb.php/15-369c730a
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)


* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。