子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボロボロの踏み台になる
将棋教室の仲間の菜々子ちゃんと響クンのチームが
文部科学大臣杯で代表の座を獲得されました。
これは隣の県とはいえ日頃切磋琢磨している仲間のことですから
非常にうれしいニュースでした。

私は日頃から機会があれば子どもさんと本気で対局するよう心がけています。
香揮クンのお父さんに勝ったよ!というのは子ども心に嬉しくないハズがないと思うのと、どの位力を付けているかを肌で感じたいという思いがあるからです。

以前は、平光クン、林(正)クン、北川クンに自信を付け、少し前では高木(達)クン、健太クン。 そして最近では林(達)クンと響クンです。 全力で指してその読みを上回る指し手で負けると清々しい気分で踏み台になった達成感のようなものがあります。

息子の香揮は私に勝つといつも上機嫌です。
たまに圧倒的大差で私に負けることもあるので、未だにナメて掛かりません。

何が飛び出してくるかわからない百戦錬磨の術中に、恐る恐るで指し手が伸びない子(勝負どころで受けに回る)では私に勝つのは難しく、逆に自分の終盤力を信じて五分か少し位悪くても攻め倒しに来る子どもさんにはかなりの確率でヤラれます。

響クンには今までに無いほど終盤の勝負どころで(二度続けて)読み切られて負けています。
私も自分自身で少しずつ力を付けている実感があるので、最近の負け将棋は、自信を持って相手が強かったと言えます。 文部科学大臣杯代表になった菜々子ちゃんと響クンのチームには是非頑張っていただきたいと思っています。

ちなみに香揮は終盤が絶好調のようです。
必敗の将棋を無理矢理ひっくり返しました。


更に、今日は5手詰めハンドブック 200問 19分00秒(記録大幅更新)でした。
この調子で毎日頑張ってくれるといいです。



■ この記事に対するコメント

それは早いですね。私が初めてやったときは86分だったと思いますので。
今はもう30周はやっているのでだいぶ早くなりましたが。
【2008/06/19 08:17】 URL | さくらい #- [ + 編集 +]


さくらい様

コメントありがとうございます。

早く解けるのが実戦に役立つことかどうかは分かりませんでしたが、時間を計測しながら楽しんでやっている様子でしたので記録を載せました。 香揮も繰り返しやっていますので覚えてしまっている部分もあるのだと思いますが、私はこの5手詰めハンドブック、2問目から解けなくてうーんと考え込んでしまうので、詰め将棋がドンドン解けることは羨ましい限りです。 自分の固い頭を時々恨めしく思います(笑)
【2008/06/19 15:18】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]


ぼくはキャッチボールみたいなものととらえて毎日一周やっていますね。
そろそろ長編にも挑戦しようとは思うのですがなんせ詰将棋は嫌いなもので
なかなか行動には移せません。
【2008/06/19 18:19】 URL | さくらい #- [ + 編集 +]


キャッチボールですか、なるほど。 
そういえば羽生さんも以前テレビで準備運動みたいなものとおっしゃっていました。
最近、長編の本を買いましたが香揮も私もまだ最初の1問目が解けません。(T_T)
二人で絶対に答えを見ないという誓いを立てたのですが、私のほうはいきなり挫折しそうです。 
【2008/06/20 10:19】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tanakahiroyuki.blog22.fc2.com/tb.php/45-4e1720cf
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)


* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。