子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回文部科学大臣杯 県大会
昨年と同じ相手に負け惜しくも準優勝でした。

事前に個人的に予想していたとおりの展開になり
ここ一番のライバルに勝てば優勝に大きく近付く今日一番の一戦がありました。 
作戦は立てず、実力を出し切ってくれることだけを願いました。

が、序盤の不利から徐々に悪くなり、時間を使い過ぎたのか、終盤で秒に追われている苦しそうな様子を見ていて私も苦しかったです。 最終盤はお互い30秒将棋となり延々指し手が続きました。 大きく悪い局面から、粘りの手を指し、何度か差が縮まったようにも見えましたが、最後は力尽きてしまいました。 

それでも、全力を出し切れた様子で、悔いが残るような事は無いということです。
感想戦をしっかりとやっていた様子でしたし、帰ってきてからも負けた棋譜を並べているところや新たな詰め将棋問題をやっています所を見ると心配なさそうです。

2年連続優勝の興文小学校はやはり流石に強いです!
全国の舞台で香揮たちの分も暴れてきて欲しいと思っています。


■ この記事に対するコメント
香揮君との名勝負でした。
興文小の達也副将策はかなり前から構想として私の中にはありましたが、採用を決意したのは倉敷・岐阜予選直後でした。名人戦、倉敷王将戦と優勝争いにも加われず惨敗続きの達也に何とかして県代表最後の切符を取って欲しいという気持ちが正直ありました。この作戦は事実上、達也と香揮君の勝敗が優勝を左右することは明白でしたが、逆にこの作戦が達也に対して過大なプレッシャーをかけてしまうことになるとは思いもしませんでした。これまで、どんな大きな大会でも笑顔で出発していた達也の姿はそこにはなく、三輪さんのお迎えの車が到着してもお腹を抱えて玄関にうずくまって動かない姿は別人のようでした。今期好調の香揮君に勝てる自信がなかったのでしょう。会場に到着してもしばらくはその状況は変わりませんでした。結果的には、午後になって体調の回復した達也に対して、香揮君は3局目の中西君との激戦を征した影響が少なからず残っていたのが少しだけ達也に有利に働いたのかもしれません。しかし、私は将棋を見ていなかったのですが、三輪兄弟の話では最後の香揮君の逆襲は凄かったとのことでした。これからも香揮君と達也との名勝負が岐阜県の小学生棋界を引っ張ってくれることになればと願っております。西日本大会は本郷小の分まで頑張ってきたいと思います。
【2008/06/23 20:04】 URL | 達也・伸也の父 #- [ + 編集 +]


達也・伸也の父どの
コメントありがとうございます。
達也クンの体調不良については当日の朝知りました。 達也クンの本当に調子が悪そうな青い顔を見ているととても心配で私は(達也クンやお父さんに)何と声を掛けていいかわかりませんでした。 大会の大事なところで対戦することになることも十分予想できましたので、私が干渉してしまわないよう距離をとっていたつもりでした。
達也クンが副将という興文小のオーダーについては何もご心配されませんよう。全力で戦う子供たちが少しでも有利に試合ができるように考えることは大切なことだと私も思いますので。 もし私が同じ立場だったらきっと同じようにしたと思います。
達也クンと香揮の棋譜は並べ直してみましたが、序盤のミスを的確に咎められ形勢を損ね途中から延々30秒でやったにしてはとても中身が濃い内容でした、しかしながら詰むや詰まざるやに見えた局面の最終盤のところでは一度も香揮に勝ちはありませんでした。今回は完敗です。並べていて達也クンのこの手には参ったとかブツブツ独り言を言ってましたので、やはり内容が充実した将棋であったと、達也クンも、香揮も納得できるものだと思います。これを期に達也クンの体調が本当に良くなるように願っています。また全国の切符を掛けて、金華山の頂点を目指して、お互い楽しく将棋が指せるようにしたいですね! 
【2008/06/23 23:07】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tanakahiroyuki.blog22.fc2.com/tb.php/46-579331c0
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)


* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。