子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/20 研修会8
F1● F1● E2● テスト●
の0勝4敗でした。

3勝1敗以上で昇級ということでしたが、結果4連敗。
また1から出直しとなりました。
結構落ち込んでいる様子でしたので、負けることは大事な事なんだという話を帰りの電車の中でたくさんしました。 『中盤の手が広い局面での次の1手、大局観をもっと練習しなイカン』と本人なりに分析しています。

負けても負けても一生懸命に努力しているところは私も感心しているのですが、努力の仕方というか方法が間違っているのではないか?と思えてきたりもします。 香揮と話をして今までの練習方法を見直して少し変えてみることにしました。

自分で棋譜が取れている様子でしたので、しっかりと1局を振り返りまた糧にしていってほしいと願っています。

通算成績12勝24敗

■ この記事に対するコメント
具体的な振り返りと計画を
 ふむふむ…という感じですね。 私の棋力では教える事はできませんので、一般的なプランニングということで…
 1)自分で至らないと思うところは、序盤・中盤・終盤、どの部分か。
 2)1の弱点をどう強化するのか
 香揮君自身の感想では中盤が…ということですが、棋譜を他の人(柴山先生とか第三者の目で)に見てもらうと、また自分で思っていることと違うかもしれません。

 とりあえず、中盤で手をたくさん読む、ということに関しては、若いので私たちより脳のスタミナがあると思うので(なければ読む練習をひたすらするのみ)時間をかけて読む←→捨てるの繰り返しをしたら、もっとスタミナがつく、と思います。
 私のブログに竜成君パパとの将棋を載っけてありますが、H田赤旗名人や、M川先生・H野指導員、それぞれの読み筋を書いていただきました。直線で十数手先、それを何本か読みながら、時に終盤の自玉と相手玉の寄せ具合まで読みの中に入れています。 香揮君も読み合いに参加する気分で、ちょっと考えてみませんか? こういうことが勉強になるのでは?と思うのですが…
【2008/07/21 20:48】 URL | おサル #gIYQI5Sw [ + 編集 +]


苦戦しているみたいですね。
せっかくの夏休みなので基礎体力作りをしてみてはどうでしょうか。
定石などは一切勉強せず(←重要)、詰め将棋と棋譜並べを毎日少しずつ。
すぐに効果が現れるわけではないですが、休み明けにはきっと今よりも鋭くなっていると思いますよ。
【2008/07/21 20:52】 URL | princeD #- [ + 編集 +]


おサル先生
ご指導ありがとうございます。
香揮と話をしてみてなんとなく気付いたのですが、よく『悪い手を指しているつもりはないのに・・・』と感想戦でいうことがあります。
駒の働きを良くする良い手だと思い、なんとなく指している部分が実は勝負どころで1手の価値が大きく、攻めのタイミングを逃していることが多いように感じました。 
また、自分と相手の玉型を見て攻め方を変えることが少なく、相手が穴熊でも銀冠でも平たい美濃(または高美濃あたり)で捌きにいくので気持ちよく攻めているようで不利に転じることが多くあるということも課題として見えてきました。 といいましても私が思っていることが香揮の将棋にとって的確であるかは不明ですから先生方に棋譜を見てもらうことを今後増やして行きたいと考えています。
読みの精度や読む量にはまだまだ課題も多いと考えていますが、具体的に何をやったらそれが少しずつでも伸びるのかをいろいろと試行錯誤しているのが現状です。
ブログでの読みに参加させていただこうと思いますので、またご教示などしていただけましたら幸いです。宜しくお願いいたします。
【2008/07/22 11:27】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]


princeD様
ご指導どうもありがとうございます。いつも息子のことを気に掛けてくださりありがとうございます。 夏休みですので思い切りチャレンジして欲しいなと私も願っています。
定石をただ丸暗記するようなことではいけないというご指導だと受け止めました。私も目先の勝ちよりも力を付ける方法をと思っていますので、暗記力に頼るのは危険だと思っております。今朝は、そのご指導に反するのですが、藤井9段の相振り飛車の本をずーっとやっています。次の一手形式で定石をカタチで理解できる本のようです。 相振りは以前から本人得意としていたのですが、このところ研修会では勝率が悪く、囲いや攻めのカタチに拘り過ぎて手数が掛かり(ex:矢倉を目指すばかりに手が遅れ一方的に攻められる)このあたりも課題にしている様子です。 (※詰め将棋と棋譜並べは毎日欠かしておりません。)
またクラブでもご指導宜しくお願いいたします。
【2008/07/22 11:44】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]


ちょっとだけ補足
 ・私も藤井さんの本は持っています。
  この本で一番重要なのは。第1巻のまえがきです(前半部分)。
  手順はあくまで例にすぎません。
 (興味を持ったところから勉強するのもいいかと思いますので、とりあえず全部並べてみるのもありかも。)
 
 もしよろしければ、なにか最近の棋譜を見せていただけないでしょうか。
 メールでも送っていただければ結構です。何かの力になれるかもしれません。
 メアドをここにのせるのはちょっと危険なので、クラブの先生に聞いていただければいいかと思います。
【2008/07/22 20:35】 URL | princeD #- [ + 編集 +]


 日曜日の佐藤ー渡辺戦は、お互いに定跡を知らない…のにド迫力の将棋でした。
結局最後は、力のある方が勝つ、ということなのでしょう。 知らないより知っていた方がいいには違いありませんが、「知っている」のと「分かっている」のは全然別物です。
 『研究は小川のせせらぎ、実戦は大河の奔流』です。本に書いてあること以上の力をつけて行かなくてはならないところに来てるのでしょう。 幸いにもいろいろ力になってくれる方もみえるようなので、本物の力をどうつけるか、教えをうける時期だと思います。
【2008/07/22 22:15】 URL | おサル #- [ + 編集 +]


princeDさま
コメント、ご指導ありがとうございます。
藤井さんの本は教えていただいた重要な部分を意識してみるよう伝えます。
クラブに行くときには最近の棋譜をできるだけ持って出掛けるように伝えました。
先生や高段の方できるだけ多くの方に見てもらい意見をもらうことができればより深く一局を振り返ることができそうです。本当にありがとうございます。
【2008/07/23 10:42】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]


おサル先生
コメントご指導ありがとうございます。
渡辺・佐藤の棋譜は私も並べてみました。 香揮はまだですので帰ってきたら早速つたえます。ご指導ありがとうございます。
【2008/07/23 10:44】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]

自分の将棋を!
差し出がましいですが、私の感じてることを・・。

香揮クンが研修会で勝ちきれないのは、戦法であるとか勉強方法とかでなく、まだ自分の将棋が研修会で指せてないからのように思います。

原因はハッキリとは断定できませんが、研修会にあこがれていた分、過度に研修生を評価し警戒しているのではないかと読んでいます。
考えられない反則をしたり、負けるはずのない相手に負けたりと、教室やクラブでの香揮クンではないように思います。
相手を強いと思い込むことで、悪手であっても警戒しすぎて咎めきれなかったり、格下であっても終盤の逆転を心配したりと、相手ばかり気にして自分の将棋を指せてないのではと思います。

健太もF1クラスの半分以上より香揮クンの方が強いと思うと言っています。まずは、研修会で自分の将棋が指せているか、変に警戒しすぎてないか検証してみてください。
香揮クンの将棋なら、このクラスは苦にならないはずと私も考えています。もし、自分の将棋が指せていないなら、クラブやネットで強い人と沢山指すことをお勧めします。それで「いつももっと強い人たちと指している」という自信がつくような気がするからです。

香揮クンの性格は負けだすとマイナス思考になりやすいように思います。香揮クンは柴山教室のDクラスの研修生全員に勝てる力があります。自信を持って言葉は悪いですが、自分はこのクラスの人間ではないんだと見下すぐらいでいいと思います。応援しています!

ガンバレ香揮!
【2008/07/23 12:35】 URL | 健太父 #- [ + 編集 +]


健太父どの
コメントご指導ありがとうございます。
ご指摘いただいた部分、お言葉を真摯に受け止め、香揮に健太父どのと健太クンのアドバイスを話してみます。 何かキッカケを掴んでくれると思います。ありがとうございます。

香揮が必要以上に研修生に警戒するのには私も薄々感じていた部分がありまして、終盤の逆転を気にするあまり終盤で萎縮してしまうようなところがあります。 私の感覚では負けていないという思いは何処かであるのですが、それでどうしても星が片寄ってしまう傾向にあるように、気持ちの面でまだまだな部分があります。

ここは乗り越えるのにきっと苦労するのだとは思いますが、好きならできると信じています。 研修会や教室のライバルに刺激を受けながら、今は黙々と努力を積み重ねて、力を溜めてくれることを望んでいます。星が片寄って昇級できないことを思うと正直焦りもありますが、努力はきっと報われるとを信じています。
【2008/07/23 19:51】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tanakahiroyuki.blog22.fc2.com/tb.php/50-5874178a
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)


* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。