子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/12 研修会15
結果は

F1● 堀川四段○ F2● G1● E1●

の1勝4敗でした。
毎日、毎日相当な努力をしているのを知っているので、腑に落ちない気持ちで本人に聞いてみました。(悟られないように結構フランクな感じで)

父『研修会どう?』
香『うん、楽しいよ』
父『何が楽しいの?』
香『うーん、お昼ごはん食べるときに皆と喋ったりするところ』
父『そっか。でも皆と喋ったりするだけなら別に研修会じゃなくていいやん』
香『そうだけど、でも研修会で勝ったりするところがあるからそれが一番いい』
父『1勝4敗と今日は負け越してしまったから今日は楽しくなかったんじない?』
香『うん、結構負けて辛かった。でも堀川先生に勝てたのは凄く嬉しかったよ』

父『・・・香揮、研修会行くのもし辛かったら、休んだりしたらいいし、どうしようもなかったらやめてもいいからな』
香『僕は研修会やめないよ。』
父『ん?何で?』
香『負けはまだ多いけど、ちょっとずつ勝てるようになってきたし、今辞めたら今までの苦労が勿体無いやん?』

父『・・・そっか。ならガンバレ。ずっと応援してるからな』
香『うん、頑張る。』

父『具体的に何を頑張る?今でも十分頑張ってると思うけど』
香『将棋に必勝法はないと思う。棋譜並べ、詰め将棋、実践対局を毎日頑張るよ。』

・・・とこんな会話がありました。

親が心配しても仕方がないと、今日はっきり気付かされました(笑)

ガンバレ香揮!

通算成績23勝40敗

■ この記事に対するコメント
大好きな執念
いつもお世話になっております。

先日香揮君と4枚落ちを指しました。無論内容は香揮君が中盤で優勢になり、角を切り一気に寄せにきました。しかし、どうしても詰めよが掛からず逆転負けしました。原因としては、自玉の傷を攻められると上手の玉の寄せが遅れる手順に過信があったようです。角を切る前に自玉の傷を緩和しておくべきだったんです。

今までは香揮君とは平手の対局ばかりでしたが、序盤から中盤まではそつなく指しています。ただ中盤のねじり合いでほんの少し力負けがあります。それが結果的に終盤で一手届かないことになっています。
つまり、ほんの少しというのに油断や過信があるように思います。あとは優勢になった時に勝ったと勘違いし逆転負けすることだと思います。この2点は私も何度も経験していることです。

中、終盤を鍛えるには詰将棋や次の一手を解くことはもちろん大切ですが、対局では「必ず何かあるはず」という気持ちがどれだけ発揮できるかにかかっていると思います。
香揮君は将棋が大好きです。研修会ではただ好きだけでは乗り越えれないところです。
今年は、楽しいゆえの勝利の執念が対局に現れたらと願っています。
楽しい仲間がいて、ご理解深いご両親がいて前途揚々です。
【2009/01/13 11:47】 URL | こども文化将棋教室 柴山芳之 #- [ + 編集 +]

ご指導ありがとうございます
いつもありがとうございます。

今日も指し手にさほど読みを入れずにネットで対局している様子を横で見ていて思いました。 対局後に、先生に教えていただきました、ほんの少しの油断や過信が勝敗に大きく影響してしまうことを子供と話しました。 今日は十分理解してくれていることと思いますが、恐らくまた同じようにパッと指してしまって後悔する場面に何度となく遭遇することと思います。

これが本気で分かるようになるまでは痛い思いをたくさんするのだろうと思います。
子供が痛い思いをするのを防ぐのが親の役目だと今まで思っていましたが、実生活はそうでも将棋に関しては少し違うかもしれないなあ・・・とも思えてきました。
今までは少し過保護であったかもしれません。 

将棋が好きで毎日努力をしているので、親が口を出さないでいようと考えています。
一年かかるか五年かかるかは分かりませんが、本人が気付くのを待ちたいと思います。途中、また相談などするかもしれませんが、今後ともご指導宜しくお願いいたします。
【2009/01/14 02:12】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]

わくわく将棋
ネット対局では大抵時間制限があることが多く、妥協しながら指さなければならないこともあるかと思います。

あとは、将棋を指す時、特に自分より強い相手と指すときにどれだけワクワクしながら指せるかが上達に大きく影響します。
今年はワクワク将棋にも期待したいですね。
【2009/01/14 16:22】 URL | こども文化将棋教室 柴山芳之 #- [ + 編集 +]


ご指導ありがとうございます。
強い人に対局してもらえる機会を増やすことくらいが親ができることかもしれませんね。
強い人とワクワク将棋は今年のテーマとして取り組んでみたいと思います。
【2009/01/15 13:00】 URL | 香揮父 #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tanakahiroyuki.blog22.fc2.com/tb.php/65-bb15f034
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)


* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。