子供の将棋ブログ
将棋教室に通う子供の成長を綴るBlogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛岐会 レーティング
健太クンのお父様に誘っていただきレーティング戦に出場してきました。

香揮はBクラスに出場させていただき
●●●● 4連敗
でした。

健太クンのお父様に1500点で!と棋楽先生に申告していただいたのですが、研修会の同じF2クラスの子どもさんが1200点前後でしたので1500点は少し言い過ぎですが、それでも上のクラスで真剣にやれたのはかなり良い体験が出来ているはずです。

強い人に負けるのは力がない身分では当然で、負けるのが嫌でただ勝ちたいだけなら強くなれないと、ここのところ肝に銘じています。


ちなみに私も挑戦。
1200点の申告でDクラスに出場
●○○○ 3勝1敗で出来過ぎでした。

全局振り駒で先手になり、力戦模様の将棋が多かったのが結果に繋がったように感じます。
終盤で自玉の安全度と相手玉の詰みや必死を見比べることが少しだけできるようになっている気がします。最近詰め将棋をやっている効果が少し出ているかもしれないな…と思いました。




第4回文部科学大臣杯 県大会
昨年と同じ相手に負け惜しくも準優勝でした。

事前に個人的に予想していたとおりの展開になり
ここ一番のライバルに勝てば優勝に大きく近付く今日一番の一戦がありました。 
作戦は立てず、実力を出し切ってくれることだけを願いました。

が、序盤の不利から徐々に悪くなり、時間を使い過ぎたのか、終盤で秒に追われている苦しそうな様子を見ていて私も苦しかったです。 最終盤はお互い30秒将棋となり延々指し手が続きました。 大きく悪い局面から、粘りの手を指し、何度か差が縮まったようにも見えましたが、最後は力尽きてしまいました。 

それでも、全力を出し切れた様子で、悔いが残るような事は無いということです。
感想戦をしっかりとやっていた様子でしたし、帰ってきてからも負けた棋譜を並べているところや新たな詰め将棋問題をやっています所を見ると心配なさそうです。

2年連続優勝の興文小学校はやはり流石に強いです!
全国の舞台で香揮たちの分も暴れてきて欲しいと思っています。


小学生倉敷王将戦 岐阜県大会
4勝1敗で惜しくも準優勝でした。

4連勝同士、昨年と同じ会場、同じ決勝戦の相手で
これ以上ないほどのシチュエーションでした。
これまでここ目標にして相手と戦法を絞り、新しい戦法を採り入れてみたりして
努力をしてきました。

ただそればかりをやっていた訳ではありませんし
得意な戦法とは言えず、大会や研修会でも何局か採用してみましたが
勝率は5分5分かちょっと悪いといったところでした。

決勝戦の前に『お父さん、あの戦法試してみたいんやけどどうかな?』
と私のところに相談にきました。
私はどちらとも決断できませんでしたが、悔いを残さないようにさえしてくれたらと思い
『お前がやりたいんだったらやれ』と送り出しました。

結果だけ見ると作戦に拘り過ぎで、指し手が伸びなかったようでした。
相手が冷静で、とても強かったので
その戦法を採用しなくても同じ結果だったかもしれませんが
早々に20分を使い果たし秒に追われていた様子から慣れない局面で
手が作れず苦労したのだろうな。と感じました。

香揮は負けて流石に悔しそうでしたが、これまでも敗戦を糧にして
成長してくれたので、きっとまた成長してくれることと信じています。

代表になった二人には行けない香揮たちの分まで
全国で思う存分暴れてきて欲しいと思っています。


第21回読売杯争奪将棋大会
愛知県のアマチュア竜王戦と併催される読売杯に出場しました。
昨日の長浜の大会で鼻息荒くA級戦に出場し、いいところなく2連敗
だったので、今日はそれを踏まえ二人で話し合いB級にしました。

結果は○○○●○ 4勝1敗

3連勝同士の4局目の決勝戦で敗れ準優勝でした。
負けた将棋は今日は棋譜取れました。
(途中までは私がとりました)

最後5局目では勝てば準優勝、負けたら3位の将棋をキッチリ寄せきったのが
以前より一回り成長したような気がしています。(親バカ)

それにしても最近のVS居飛車穴熊戦はどげんかせんといかん!



第28回湖北王将戦将棋大会
第28回湖北王将戦将棋大会に初めて参加しました。
このところ同じ学校のライバル、健太クンに感化され
負けてもいいので強い人と対局しよう!と二人で話しA級に出場しました。

結果は予選2連敗でした。

1局目、負けて感想戦をしていなかったことに私が気付き
『どうして感想戦をしなかった?』と聞くと
『相手の人がすぐに何処かに行ってしまった。』とのこと。
2局目も同じように感想戦があまり出来なかったようで
棋譜が取れなかったらしく、将棋の内容も1局目VS居飛車穴熊
2局目VS居飛車銀冠米長玉と2局とも相手の玉が遠くて
全く届かなかったそうです。感想戦をするまでも無いくらい
力の差があったのかもしれないな…。
と思いました。

本戦敗者による駒落ちハンデの早指し戦にも出場しました。
A級出場の香揮はB級と角落ち、C級とは二枚落ちの手合いです。
角落ち上手で昔(平手で)負けたライバルに勝てたのは収穫でした。

その後、小林裕士六段に二枚落ちで指導対局をしていただきました。
なんとか勝つことが出来て『今日来て良かった』と一言。
その言葉を聞いて少しホッとしました。



岡崎将棋まつり
岡崎将棋まつりの大会に出場してきました。

香揮は小学5~6年生の部に出場し、3勝1敗
私はCクラス(1~3級)の部に出場し2勝2敗でした。

結果はあまり振るわなかったのですが
羽生さんにサインをもらい二人とも上機嫌です。


アマ竜王戦
息子と大会に参加してきました。
息子は竜王戦に出場し、私は同時に開催される読売杯の初・二段戦です。
去年は息子の香揮は三段戦に出場し、2勝2敗。
私は同じく初・二段戦で2勝2敗です。

格上挑戦で全敗も覚悟していましたが香揮はなんと2連勝で予選通過!!!
私も2連勝と何故か好調でした。

香揮は決勝トーナメント1回戦で現岐阜県アマ名人に敗退。
小学生名人戦、県大会の前後に新しい戦法を練習していたのですが
それを実践で初めて試したんだそうです。

家に帰ってくるなり、定石本を開いて、盤に負けた棋譜を並べ
『あ~こっちならいい勝負だった』とか『こうやればもっと良かった』
などとブツブツつぶやきながら検討していました。
負けた将棋をどう生かすか。をずっとテーマにしてこれまでやってきましたが
これならきっと大丈夫と思います。

現アマ県名人に敗れた後、元県代表の方とも早指し戦で対局し、
その後、元奨励会の県トップクラス方とも一局お願いしました。
どちらも敵いませんでしたが、元奨励会の方には丁寧に感想戦をしていただき
とてもよくしていただきました。

私はというと…昼から2連敗でした(T_T)

久し振りに脳を使って非常に疲れていますが
香揮の予選通過を祝って焼肉+寿司+ワインで乾杯します。


第33回小学館杯 小学生名人戦 東日本大会
1勝2敗で 惜しくも予選突破ならずでした。

 初戦 秋田代表 田中大貴クン ○
2戦目 青森代表 山岸亮平クン ●
3戦目 東京代表 増田康宏クン ●

初戦は、以前ネットで対戦したことがある田中大貴クン戦。(その時は香揮●負け)
得意戦法はお互いに三間飛車ということで、お互いに狙いや手筋や手の内は知り尽くしています。
相振り飛車(中でも相三間飛車)は先手・後手で作戦が大きく違ってきますので相手が決まってからホテルの部屋で約10分間集中して対策を練りました。
その効果か、▲76歩、△34歩、▲75歩の早石田模様にも冷静に対応できたとのことで中終盤のリードを何とか保ち勝利を収めてくれました。 対局後の感想戦がとても長くお互いに読みや手の内を披露してお互いを認め合うようなそんな情景を遠目で頼もしく思いながら眺めていました。

2戦目のVS山岸亮平クン戦は中盤で飛車交換するか、飛車交換せずに指すか、どちらか迷った手が結局敗着に繋がったようで、悔しがっていました。 結局飛車交換は避けたらしいのですが、局後の感想戦でも相手に飛車交換した方が良かったと教えてもらったようです。

1勝1敗で迎えた3局目ですが、隣のブロックの結果で相手が変わるという状況でした。
見ると優勝候補の増田康宏クンが秒に追われて苦戦しています。 もし増田クンが負けたらトーナメント出場を賭けた香揮の対戦相手という状況です。 この時ばかりは、何とも言えない心境だったことを正直に告白します(笑)

しかし、相手が誰であっても自分の将棋を精一杯指すという大目標を掲げて東京まで来ています。 臆することなく堂々と最後まで頑張る横顔を遠くから見守り、いろいろなことを考えました。結果は負けましたが、局後、駒を片付けようとしていた増田クンに対して感想戦をお願いしました。負けて悔しいと思うよりも強い人と指せて嬉しいと言っていました。

負けた棋譜を並べ直して必ず何か掴んでくれることと信じています。 そしてまた挑戦者として目標が明確になったことも必ずプラスになると信じています。 がんばれ!


小学生名人戦 岐阜県大会
優勝しました。

超激戦を制してくれました。
5対局スイス方式の得点差(1点差)で優勝でした。
優勝 田中香揮4勝1敗 17ポイント
二位 名和佑太4勝1敗 16ポイント
三位 宮嶋健太4勝1敗 15ポイント

今回は運良く対戦相手の勝敗がポイントとなるルールで代表になりましたが
二位の名和佑太クン、三位の宮嶋健太クンの他、
高木達也クン、林達也クン、野崎竜成クン、三輪宏樹クン、三輪優斗クンなど
上位10人位は誰が優勝したとしてもおかしくないと思いました。
ほとんど力の差はなかったと思います。

4ヶ月ほど前にはなかなか思うように勝てず
私に『もう将棋を辞めたい』と
涙ながらに訴えてきたことを思えば感無量です。

代表として良い将棋が指せるよう頑張ってきます!
第7回将棋教室対抗戦
大阪リバーサイドホテルで行われた第7回将棋教室対抗戦に参加しました。
81チーム243人参加の団体戦で個人チーム共に5戦全勝の準優勝でした。
得点差で1点足りず惜しくも準優勝でしたが結果には大変満足している様子です。

実はこの大会、初めて参加した第4回大会で全勝優勝しています。
第5回大会には前回優勝チームは出場できないきまりだったので不参加でしたが
前回の第6回大会には出場し、同じく5戦全勝で準優勝(この時も得点差)でした。

チームとして15戦全勝。
優勝、準優勝、準優勝と素晴らしい結果を残してくれています。

次回の出場はまだ未定ですが、これからもチームは互いに刺激しあいながら
切磋琢磨していってくれることと思います。



棋譜は最終局5戦目 かわきょー3チーム小林良輔クンとの対局。
得意の相振り飛車で少し指しやすかったけど
大将の責任はやっぱり重かったとの感想だったようです。





* 禁煙中 *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。